小確幸なひるげ in半蔵門

まだまだ寒い日もありますが、春を感じるひとときが多いこの頃です。
なんだかうきうきしませんか?
私の義母はこの季節になると、「春は臆病者やから、なかなか来いひん」と言います。粋なフレーズです。
季節は三寒四温を繰り返し、確実に春へと近づいています。

さて、うきうきするのは春の訪れだけではありません。
作家の村上春樹さんは「小さいけれど確かな幸せ」を「小確幸(しょうかっこう)」と名付けていらっしゃいますが、当社のある半蔵門はそんな「小確幸」溢れる町です。
なぜって?
それは、ランチタイムにどこに行こうか考えるのが、すこぶる楽しい町だから、なのです。

この日はみんな出払っており、ひとりの昼食。
行先決定サミットを胃袋としばし開催した結果、『汐風』さんに決定です。
それは麹町大通り沿いにある、お魚がとても美味しいお店。
ひとりでカウンターでご飯を食べながら、短冊紙に書かれた夜のメニューに思いを馳せるのも、これまた、いとおかし。

この店の「汐風定食」は、日替わりのお魚が2種類付く、とってもお得なメニューです。
普段の私はあまり真剣にメニューを吟味せず、席に着くやいなや、ひと思いにこの「汐風定食」を注文してしまいます。
ところが先日、お隣さんが金目鯛の煮付けを召し上がっていらっしゃり、その美味しそうなこと!
よーくメニューを見てると「大サービス! 金目鯛のかぶと煮」と隅っこにちょっこりと書かれており、至極反省。
次回からは、必ずやメニューと真剣対面することを心に誓ったのでした。

前回の反省を思い出し、今回はお店に入る前にメニューを吟味します。
嬉しいことに、金目鯛がメニューに上がっているではありませんか。しめしめ。
この日の「汐風定食」も魅力的なコンビネーションでしたが、かぶと煮を注文することにしました。

shiokaze-3.bmp

日ごろからあまり「かぶと煮」に親しんでいない私は、どこまでが「可食部」なのか手探りでぎこち悪く不格好。まさに気分は川口浩探検隊。ほー、こんなところにもお肉があるんだ、と新たな発見があります。
途中、ふと、魚の頭の中に箸で侵入していくにつれ、人間の頭がい骨で祝杯を上げたとされる織田信長ばりに、「私って歌舞いちゃてるかも」と思いつつも、ちょうど良い甘さの煮汁にふっくらと炊かれた鯛を頬張れば、ご飯がすすむ、すすむ。これまた「小確幸」な昼下がりです。

でもこのメニューは、ひとりではなく、みんなで「おいしいねぇ」と言いながら食べたほうが、より美味であったに違いありません。
次回は是非、食いしん坊の名高きココノッツのメンバーと一緒に来なくては。

 『汐風』
千代田区麹町4-2 北島ビル地下1階
電話:03-3265-6097
http://www.shiokaze.co.jp/
ランチ営業:月~金11:30-14:00(土・日・祭日休)

shiokaze-2.bmp

印象の良し悪しを決める要因って

今朝は千代田線の遅れにより、いつもと違うルートで出社をしました。
車内からは、日差しの降り注ぐ美しいお天気に見えたのですが、四谷の駅に降り立ってみると、ズラが飛びそうなほどの強風が吹き荒れています。
そんな中、麹町大通りを歩いていると、こんな看板が目に飛び込んできました。

「クオール薬局」

090206_0916011.jpg

この看板を見るやいなや、私は切なくて愛おしい気持ちに圧倒されそうになりました。
なぜだ?なぜなのだ?
薬局の看板を見てこんなヘンな気持ちになるなんておかしいぞ。
ちょっと深呼吸して、突如として現れたこの感情を分析してみました。

そうです。ビンゴ。
カンの良い人ならもうお気づきでしょう。
その名称はある人(というか動物ですね)と一文字違い。それは:
盲導犬「クイール」でした。

盲導犬は本当に偉い。主に仕えることを喜びとし、何の邪念もなく、真摯に自分の役割に取り組んでいます。
私は「クオール」という薬局を見て、なぜかきわめて関連性の薄い「盲導犬」である「クイール」を思い出し、胸ぐらをわしづかみにされるような気持ちになっていたのです。はい、私は疑いようのない妄想オタクであります。

何の良いイメージを連想する広告もCMも観ていないのに、数秒で入ったこともない場所を、自分にとって既知の良い印象を持つものに結びつけた結果、親しみを感じるとはちょっと凄いことです。
その名称とロゴを見ただけで、瞬時に、私の頭の中にはこのようなマッピングができたのでしょう。
・クオール薬局→盲導犬クイール→黒々とした潤んだ瞳の働き者で誠実な薬剤師さんがいるに違いない→よい薬局

調べてみると、クオールとは’Quality of Life’からきているようで、よく見るとロゴに下にもその文言が配置されています。
会社の設立は平成4年とのことですから、「盲導犬クイールの一生」の本が話題になるよりも前に設立されている会社でした。
「やられた!相手方の意図にまんまとはまった!」と思った私は、「この薬局は私のような多数の人の良い印象を連想する名前を採用したのでは?!」と直感的に思ったものの、そんなことはなかったのですね。仮にそうだったとしても、こんな「ワイルドな」連想をするのは、私だけなのかも知れません。

自分の勝手な思い込みによる連想でしたが、人々がもつ良い印象や悪い印象は、以外にも何の根拠もなく、いい加減な形で形成され、一人歩きしていくこともあるのだなぁと考えさせられた出来事でした。

みなさん、素敵な週末を。〈Banana〉