さかな炙り 暖

店に入ると、焼き場の前に立つご主人が「今日は鯖です」とか「今日は柳カレイです」と声をかけてきます。メニューにある「日替り 焼魚定食」のこと。これがこの店の一番の売りなのです。毎日質のいい魚(生魚ではなく一夜干し)を焼いています。基本は魚の店なのでしょうが、豊後鶏の焼き鳥丼などの肉系もあって、これもまた丁寧にたれをつけながら焼いているからうまい。それらがほとんど920円。質と味を考えれば、このあたりではずいぶんリーズナブルです。
残念なのは、ご飯に少々難があることです。米の質の問題ではなく、炊き方がまずいのでしょう。水気が多すぎる。 望ましいのはふっくらして一粒一粒が立っていることですが、そこまでは要求しないとしても、このベチャベチャご飯がすべてをぶち壊しています。差し出がましいことながら一度ご主人にご注意申し上げました。その直後は改善されましたが、いつの間にかもとに戻ってしまいました。慣れた炊き方を変えるのは意外に難しいことなのかもしれませんね。
店はカウンターと椅子席。夜は居酒屋になります。いや、居酒屋が昼にランチをやっているわけです。夜もおすすめですが、いつも満員です。(KK)

さかな炙り 暖(だん)
〒102-0093
千代田区平河町1-3-2 リリエンハイム1F
03-5214-6520

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>