あさ乃

そもそも「あさ乃」の初代は明治維新に官軍とともに長州から下って来られたのだそうです。以後、もっぱら海軍省など中央官庁への仕出しを承ってきた由緒ある料理屋さん。いまのご主人はその甥御さんとのこと。と、まあインサイダー情報をお伝えできるのは、こちらがココノッツの大家さんだからです。
そういうヒストリカルな店なので、精進落としにも使えそうなお座敷があります。イマ風のお店が跋扈している麹町では、こういうお店は貴重です。味の方もそういう意味では伝統的。夜の営業でもお弁当をメニューに載せているのも珍しい。残業のときには、ちょっと便利かも。(KK)

なぜかわからないが、この店の空気に触れると自動的に「にゃらららららら・ら~らら~♪」と渡鬼の音楽がもれなく聞こえてくる(もちろん空耳だけど)。橋田須賀子チックな雰囲気漂う、至極妥当な和食を提供してくれるお店。なんと創業80年なのだそう。1階が満席でも大丈夫。2階に広大な和室が設えてあるのだ。大変素敵なのは、この店で「○○弁当」なるメニューを頼むと、ちゃんと蓋がしまって供されるので、蓋を開けて「ほ~」と感嘆する、お弁当には必須の一連の儀式を踏めるところだ。お弁当を購入して持ち帰ることも可。(NK)

102-0083
千代田区麹町3-7
03-3263-5161
http://www.toyoda-yasumitsu.com/asano/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>